【ギックリ腰の原因と対処法】

2021年01月12日 | ブログ

強烈な痛みに襲われるギックリ腰

ぎっくり腰は「急性腰痛」「椎間捻挫」とも呼ばれ、いきなりグキッという衝撃とともに、腰が強烈な痛みに襲われるものです。ぎっくり腰はどうしたら起きるということはありません。原因は様々で、ぎっくり腰に同人の数だけ原因があると考えた方がいし1でしょう。腰椎 が瞬間的にすれてしまい、腰の筋肉が不感に耐え切れすに炎症を起こしてしまう腰痛です。
ぎっくり腰になった人の数だけ原因があると述べま したが、きつくり腰になる原因の多くは3つ挙げられま す。ただ、それらもぎつくり腰になる原因として根本的芯原因になっているわけではなく、様々芯要因が絡みあい、ぎっくり腰という結果になっています。

ぎっくり腰の原因は?

<A>筋肉疲労
まず挙げられるのが、筋肉の慢性疲労です。ぎっくり腰は突然起りますが、症状としていきなり現われるだけで、ゆっくりとその原因となるもの は進行しているのです。中腰で荷物を持ち上げようとした瞬間に激痛が走ったり、よろめいてちょっと片足を勢いよくついてしまった瞬間芯とにぎっくり腰になりやすいですが、日常の中 で同じ動作をしても平気だったのに、ある瞬間にぎっくり腰に芯ってしまうのです。これは、少しずつ溜め込んだ筋肉疲労があるとき負担の許容量を超えてしまい、 腰痛として発症したしまったといえるでしょう。
日常生活を送る中で、筋肉疲労は必ず起こります。それを回復するメカニズムを持ち合わせていますが、 睡眠不足や栄養のバランスが取れていないかったり、 運動不足や座りっぱなしの仕事を続けるなどしている と、筋肉疲労が回復することなく徐々に蓄積されていき、やがて腰痛を招いてしまうことになるのです。
<B>内臓疲労
ぎっくり腰になる原因の一つに内臓疲労もあげるととができます。私たちの日常生活を振り返ってみると、食生活の乱れや慢性的な睡眠不足に陥ることが多いでしょう。
こうすることで、内臓由来で身体の柔軟性が失われていき、関連した筋肉に負荷を掛けることになってしまいます。こうしたことが筋肉のアンバランスを生み出し、骨格の歪みを招いてしまいます。
この歪みにより身体のバランスをとろうとする代わりの筋肉にも徐々に筋肉疲労が蓄積され、やがて腰痛につながるのです。
<C>いきなりの過負荷
若い人やスポーツ選手に多いぎっくり腰の原因一つで、高いところから飛び降りた着地の瞬間や勢いよく振り返った瞬間、横になっていて勢いよく起き上がったときなど、止まっている状態からいきなり動いたときや動きの急激な切り替えのときに、腰にいきなりの過負荷がかかり、ぎっくり腰を起こしてしまいます。これら以外に、体重や筋肉のバランスや生活習慣、体質なども考えられます。

いずれにしても専門医に診てもらいましょう。

対処法と治療

ぎっくり腰を起こした直後は、腰の筋肉、関節、靭帯 といった場所に炎症が起こっているため、基本的には安静にすることが必要です。さらに冷やすのが基本と されます。いわゆるアイシンクです。氷まくらなどを使ってしっかりと冷やしましょう。一般的に炎症は24〜36時間でピークを迎えると言われます。受傷からこの期間は無理は禁物です。一時的に良くなっても再発の可能性があります。
この時期を過ぎると拘縮期が来ます。いわゆる『凝り固まった』状態です。炎症期(冷やして気持ちが良い時期)が過ぎたら徐々に温めたりストレッチや軽めの運動から始めます。このタイミングが絶妙に難しい為、専門家の意見を聞くのが良いでしょう。
痛みが強ければ、安静にすることが大切ですが、極端に安静にし続けるのは、逆に治るのを遅らせることになります。様々な方法で痛みや炎症を抑えることが出来たら、無理のない範囲で普段の生活に戻ることが回復も早くなります。ぎっくり腰に対してのリハビリ運動は、患部に負担がかからない範囲で行います。患者さまが痛くない範囲で動かすようにしますが、痛みが減るにしたがって運動を増やしていきます。

しっかり原因を究明し、再発予防しましょう。